アラフォーでもバツイチでも外国人となら再婚しやすいって本当?

再婚というと、相手は日本人をイメージしますが、今の時代国境を超えて国際結婚もアリではないでしょうか?
外国人との再婚には、日本人との再婚にはない難しさがありますが、それと同時にそれを受けいれられるのであれば、再婚しやすい相手でもあります。
とくに日本ほど年齢を気にしない欧米ではアラフォー、アラサーの女性にはチャンスかもしれません。
国際結婚は現実的にどんな点が難しいのか、この記事で具体的にご紹介致します。

バツイチ女性が外国人のお見合いした結果

以前、ある国の41歳の男性とバツイチ日本人女性3人とのお見合いがあったそうです。男性はいわゆるエリート外国人なので、経済的な面では全く問題はありません。
女性側は、どんな人がお見合いしたかというと…

【一人目】
・国立大学卒業
・大手企業に就職
・父親が会社経営者
・年齢は25歳
・TOEICは895点
【二人目】
・父親が会計事務所を経営
・名門大学を卒業後、東大の大学院に進学
・職業は教員
・年齢は31歳
・TOEICは満点
【三人目】
・アメリカの大学を卒業
・外資系企業に勤めている
・父親も外資系企業に勤務
・年齢は35歳
・TOEICは950点

3人とも素晴らしい学歴があり、家族もとてもしっかりしています。
お見合いは、男性がこの中の一人をとても気に入りアタックしたのですが成功はしませんでした。

バツイチ外国人と海外へ移住するなら覚悟がいる

なぜそのお見合いで女性が断ったかというと…理由はいくつかあります。バツイチ外国人と海外へ移住するなら覚悟がいるのです。
②海外で暮らすことへの不安

 

まずは、海外で生活することへの不安です。
旅行で行くのと結婚をして生活するのでは全く違います。その土地へ行けば、そこの文化を受け入れなければなりません。よほどの覚悟がないと一生海外で生活するのは難しいのです。
彼女たちは、海外へ移住する勇気がなく、最終的には日本人の相手を選んだそうです。
③相手への愛

 

海外で暮らす場合、初めはカルチャーショックもたくさん出てくるでしょう。しかも、頼れるのは旦那さんしかいません。
となると、相手からの愛を受け入れ、そして自分が相手を愛する事が大切なのです。さらに相手に子供がいたら、自分の子供のように愛さなければいけません。
今回のお見合いでは、自分が相手を愛せるかが分からなくなり確信が持てなかったのだと思います。お金がある、海外でリッチな生活が出来る、というだけでは再婚は難しいかもしれません。

国際結婚を成功させるには

このお見合いからも分かる様に、国際結婚にはいくつもの大きな壁があります。ざっくり言うと【文化の違い】です。たとえ日本人男性とは違う習慣があっても、容認しなければならないのです。
逆に言えば、この状況が受けいれらる人であれば、学歴など関係ないく、外国人と再婚出来るチャンスはあるわけです。
つまり、お互いが相手を認め広い心で受け止める寛容さが必要です。逆にその国の文化を受け入れ、なじむ事が出来たら国際結婚も上手くいくと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA